お店や店舗のイメージ

インク

お祭りやイベントなどにのぼりは店舗を紹介するいい材料です。お祭りやイベントなどの行事だけでなくお店や店舗の前にオリジナルののぼりを出し積極的にアピールするお店や店舗は多いでしょう。遠くからでも人目で、なんのお店なのかが分かるのぼりがあるお店はとても繁盛しています。

のぼりを作る際はいくつかの気を付けるべきポイントがあります。のぼりの制作業者の話ではのぼりに情報を詰め込み過ぎると良くないと仰っています。シンプルなデザインにして、のぼりの脇には文字を入れないことでアピールポイントを絞ることができます。
また、お店や店舗のイメージに合わせて文字のフォントの種類を変更しお店の世界観やイメージを伝えることも大事です。遊園地などのエンターテイメント性の強いのぼりならお客様にワクワクしてもらうことに重点を置いたのぼりを作りましょう。不動産など真面目で信頼性が大事な職種ののぼりは、カチッとした書体でのぼりを作るなどの工夫でお客様にイメージを伝えます。

自分の店舗やお店ものぼりを作りたいと考えている方はインターネットでのぼり制作業者を検索すると良いでしょう。検索すると様々な業者が見つかるとでしょう。そんなときには、のぼりの料金を比較して安いとこを探してみたり、長年に実績がある業者に頼んだり、時間が無いときは仕上がりから納品までの一番早い業者を選んだりすると良いでしょう。
のぼりはお店や店舗のイメージを左右します。信頼できる業者を見つけることが肝心です。

失敗しないポイント

旗

スポーツやイベントでよく横断幕を目にします。初めて横断幕を作る際に失敗しないポイントがあります。まずは横断幕の用途とサイズを決めることです。いきなりデザインから決めてはいけません。

Read More...

印象に残る店舗の顔

ボード

初めてのお店にいく時などに看板の存在は非常に役に立ちます。看板は店舗の印象を左右するものです。看板には良い看板とそうでない看板があります。良い看板を作るために重要となるポイントが三つあります。

Read More...

最初の接客と案内役

ボード

看板はただ目立てばいいわけではありません。店舗のイメージとかけ離れた看板は逆効果になる可能性もあります。看板の役割は店舗までの案内役であり、呼び込みスタッフです。お客様にとって最初の接客が看板です。

Read More...