目をひく店頭POPを作る|お店を華やかにする為の手段

ウーマン

会社の宣伝を行うなら

新聞

読売新聞は全国一位の新聞購読者を擁しており、有数の広告塔です。読売新聞は広告の審査基準が非常に厳しいので、広告審査基準を参照して作るようにし、わからない点があれば新聞社の方へ直接伺いながら作ると拒否される可能性は少なくなりますよ。

読んでみよう

店頭を華やかにする

印刷物

闇雲に作るのはNG

販売促進活動にはさまざまな手法があります。店頭POPは実際に来店したお客様に対して商品を手に取ってもらう後押しをすることが役割になっています。店頭POPがない殺風景な雰囲気では商品に魅力を感じることは少ないのですが、店頭POPがある華やかな雰囲気は商品自体の印象も引き立てる役割を持っています。商品を魅力にみせるところが最大のポイントになります。売れるPOPには秘訣があります。お客様の心をしっかりとつかむ工夫が必要なのです。店頭POPを闇雲に作ることはおすすめできません。逆に煩雑になって商品がよくわからなくなってしまう可能性があるのです。そのためPOPには目的を持たせることが大事です。ターゲッティングも重要です。

商品の魅力を伝える

誰に手に取ってほしいのかまで明確に考慮したスタイルであることが求められるのです。常連さんに対して新しい商品をアピールするのか、全くの新規顧客に対してアピールするのかによってまったくPOPのイメージは変わります。性別や客層などにもよってこのPOPのスタイルは変わるのです。次に注意しなければならないのはアピールすることを絞ることです。欲張ってPOPに記載することは逆効果になります。そのため一番アピールしたいことのみを記載することが最も有効なポイントです。もう一つ重要なのはすべての情報を出さないことです。これ以上知りたい場合は、実際に商品を購入してもらえるような工夫があれば、商品購入意欲につなげることができるのです。

信頼度が高い

新聞

日経新聞は企業向けの広告をだすのに適しています。企業で日経新聞を購読している事も多く、ネット新聞の影響を受けにくいなどのメリットもあります。全国紙である事から、全国に広告展開できるメリットもあります。

読んでみよう

商品特徴を詳細に紹介

パンフレット

商品パンフレットは、単純な広告とは異なります。広告は基本的に商品に興味関心がない人に対して興味を持ってもらうことが目的となっています。しかし商品パンフレットの役割は、すでに興味関心を持っている人に対して機能面や性能面をアピールすることが大事なのです。

読んでみよう