会社の宣伝を行うなら|目をひく店頭POPを作る|お店を華やかにする為の手段

目をひく店頭POPを作る|お店を華やかにする為の手段

男性

会社の宣伝を行うなら

新聞

新聞で宣伝する長所

これから自社の新製品の販売するから宣伝を行いたいと考えておられる社長さんも多いと思います。そんな時には読売新聞に広告をあげてみてはいかがでしょうか。新聞は若い人はどんどん離れていますがまだご年配の方を中心に多くの方が見てくださっている巨大マスメディアです。その中でも読売新聞は日本で一番多くの人から購読されている新聞なので製品が多くの皆さんに知ってもらうことができるのでおすすめです。地方版も非常に充実しているので一つの地域のみで製品の宣伝をしたい場合でも、一の地域版だけで広告を出すことが可能です。さらに、広告原稿の締め切りから掲載まで短いので、製品の販売まで時間がない時に非常に便利な宣伝方法になりますよ。

気をつけておきたいこと

新聞で広告を掲載するには様々な課題をクリアする必要があります。特に新聞は老若男女幅広い型が読まれますので、公共性、社会性が広告にも求められ、メディアで最も厳しい審査基準であることが知られています。具体的に言えば責任の所在が不明確な広告や、オカルト系の読者を不安にさせるような宣伝方法、投機、射幸心をあおるような煽り文の場合、広告の掲載を拒否される可能性があります。特に読売新聞はこの基準がとりわけ厳しいのが特徴なのでこれから読売新聞に公告を出す際には、新聞社が公開している広告審査基準を参照にして広告を作るようにし、わからない点は新聞社の担当の方に直接伺ったほうが広告の掲載を拒否される可能性をぐっと減らせます。